体育館から原始林沿いの道をRI棟まで

掲載日:2020.11.11 | キャンパスの四季

2020年11月8日早朝、体育館から原始林沿いの道を歩いてみました。在職中、スズメバチが出るので注意を促された道です。本格的な降雪前の秋も深まった景色です。歩き始めてすぐ右側に黒澤記念講堂の裏側が現れます。さらに進むと右側に旧獣医2号館や旧獣医3号館など獣医学群の研究棟が現れてきます。正面には新しい動物病院が建設されるまで病理解剖室があった建物が現れてきます。現在は研究用の犬舎として使われています。その左側にRI棟が見えてきます。RI棟の裏には動物の墓があります。山下正亮先生の書で「愛」と記されています。例年、動物記念祭の式典後、ここで納骨式が執り行われますが、今年はコロナ禍で開催されないかも知れませんね。(文責 加藤清雄)